LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
春の雪
長野の週はじめは雪模様でした。


「あ〜あ また雪か・・・」  とか思ってるのかしら。 

ベランダの雪を眺めるネコ


雪でも通勤・通学はいつもどおり。
春の雪はちょっと水っぽく、気温もそんなに低くないから少し安心です。

春の雪のなかの通学・出勤

と思いきや、
この日の午前中、長野道・中央道上り線を通ったところ、
中央道の下り線は、雪と事故多発で通行止めになっていました。
油断大敵っ!

車が通らない反対車線は、除雪も止まっていて真っ白でした。
冬は特に、雪が降っても走りやすい
高速道路の高密度なメンテナンスの「おかげ様」を実感します。


JUGEMテーマ:自然
 
| Sense of Wonder/富士山 | 22:52 | comments(0) | - |
冬晴れ
青空にとんび。

青空にとんびと飛行機


鷹か鳶か、またその種類はわからないけれど、
この冬、よく見かけました。

茶畑や山や川に出かけた折、近くを飛んでいて、
その大きさ、鋭さには、いつもびっくりします。

冬の澄んだ青空を泳ぐのは気持ち良いだろうなあ。

あの高さから、地面の獲物を、よく見つけられるなあ。。。




JUGEMテーマ:自然
 
| Sense of Wonder/富士山 | 18:39 | comments(0) | - |
冷凍 安倍川
1月の終わり、静岡市の北部にある梅ケ島へ。


日本海側では大雪で荒れの日、
太平洋側の静岡はよく晴れて、空気がキンキンに冷えました。

安倍川沿いに、だんだん上流へのぼっていくと、
外気温は次第に下がり、梅ケ島に着く頃には
静岡の中心部より5〜6度低くなりました。
(信州の実家と同じぐらい!?)

うっすらと雪や霜が残り、
道路には、静岡の中心部ではあまり見かけない路面凍結防止材が
多めに撒かれています。

公園の案内板には、きれいな氷の結晶ができていました 

看板にできた結晶

そして、道路沿いの安倍川をみると、
水が少なく、流れが緩やかなところが、かなり白っぽくなっていました。

これは!と思い、親水護岸から河床へ下りると

やっぱり! 川が白く凍っていました。

梅ケ島の冬 凍った安倍川


一級河川が凍っているのを初めてみました!

でも、お昼にみたときには氷や雪はなくなって、
ちょろちょろとした水の流れに変わっていたので、
朝の一時の現象だったみたいです。

年末の大谷崩れにつづいて、梅ケ島でのワイルドな出合い、
珍しい自然の姿を見ることができて、嬉しい朝でした。


JUGEMテーマ:自然
 
| Sense of Wonder/富士山 | 20:14 | comments(2) | - |
2011初梅

寒い、寒い、毎日、体調管理には十分お気をつけください。

そんな中、本日、
事務所の梅が、4りん開いているのを発見!

気がついたのが夕方だったので、
お月様も出始めた、暗い写真になってしまいましたが。。こんな感じ

2011年事務所の最初の梅の花

写真を撮っているところを社長に目撃され、笑われつつ撮った一枚 (^^ゞ


花びらはまだ弱々しいですが、
時間は一歩ずつ進んでいるのですね。

ぼやぼやしていると、あっという間に初本番かも!? まずいぞ〜。


JUGEMテーマ:自然
 
| Sense of Wonder/富士山 | 20:30 | comments(0) | - |
冬のキセキレイ
冬、静岡は良いお天気が続いていて、
雪をかぶった富士山も、毎日、毎日大きく見えています。

この時期、野鳥観察にも良いといわれます。
木々の葉が落ちたり、普段山にいる鳥が里に下りてきたりするので。

                  

今朝は、通勤路で、キセキレイを見かけました。

普通のセキレイ(白・グレー・黒系)は、年中見かけるので珍しくないのですが、
いつもの歩道で、横の側溝から飛び出してきたのが
おなかの下が黄色い キセキレイ。

朝からきれいな色の鳥を目撃できて、今日は良い気分です。

また最近は、おなかが赤茶色のかわいい小鳥、ヤマガラもよく遭遇。



一方、
最近話題になっているように、
わたしのまわりでも、スズメが減ったみたいです。

さらにヒヨドリも少なめで、
代わりにムクドリをよく見かけるような気がします。

気のせいだけなら良いのだけど。


JUGEMテーマ:自然
| Sense of Wonder/富士山 | 12:55 | comments(0) | - |
大谷崩れに立つ
JUGEMテーマ:旅行

静岡と山梨の県境近く「大谷崩れ(おおやくずれ)」へ



初冬の大谷崩れ



今日は、地元の方と一緒に地域資源調査をしました。

安倍川の上流から集落の横を通り、
茶畑の間を抜け、川の左岸・右岸を行き来していると、
大規模な「崩れ」がだんだん近づいてきます。

既に標高は1000メートル超。
両側の林には、うっすらと新雪。

空はちょうど真っ青。
雪雲が早回しで西から東へ抜けていきます。
冷たくて澄んだ空気が、シャキーンと気持ちいい。

林を過ぎ、山から崩れ落ちた石が一面に広がり、
恐らく標高1400メートルぐらいまで、
太陽に背中を押してもらいながらゆっくり登りました。

今回は、本格的な登山道の入口あたりまででしたが、
日本三大崩れの壮大な景色に包まれることができ
初級〜中級向けのコースがつくれそう。


そんな話をしながら山を下りるとと同時に、
一帯は「かざはな」に覆われ、太陽がさえぎられて寒く〜 

「下りは膝にくるね〜」などといいながら、
梅ケ島の日帰り温泉「黄金の湯」に立ち寄って骨休め。

いつ筋肉痛が出るか、同行のメンバーで体力年齢比べ中です。
| Sense of Wonder/富士山 | 21:50 | comments(0) | - |
木蓮
今日の出先で、紫のもくれんが開き始めているのを見つけました。

紫のもくれん 咲き始め

これは樹高が低目で、ふわ〜とさわやかな甘い香りも堪能。

ここのお仕事は、今年度は今日が最後ということもあって、気持ちよく見送ってもらった気分です。



| Sense of Wonder/富士山 | 14:54 | comments(0) | - |
春が来た!
大寒を前にした先日、和座の事務所の庭で、梅が咲きはじめました。

事務所の梅2009年1月18日

今は開花から1週間ぐらいたち、立春まで1週間となりました。花の数が増えて、木のまわりには甘い香りが漂い、メジロも花を渡り歩いて(飛んで?)います。
住宅街や公園を歩いていて、ふっと鼻をかする甘い香りをきっかけに、梅の木を見つけることも急に増えました。

裸の枝に膨らむつぼみや花々の色合いは、一瞬で「早春」の気分にしてくれます。
風が冷たくても、「あっ、春が来た〜。」と感じるときです。

庭の梅 早くも見ごろ 2009年1月28日


数日前、栃木県から静岡へ旅行にいらした方とお話をする機会がありました。
その方は、
「こちら(静岡)は暖かいですね。外にお花が置いてあるのにびっくりしました。
 栃木だったら、寒さですぐやられてしまうんだけど」
とおっしゃっていました。


私の田舎の信州も、まだ本当に冬の最中。
両親は「また雪かきしないと」と、ため息をついているのかな〜、なんて思うと、目の前の景色は申し訳ないぐらいです。


また先日、
金沢出身で、今は静岡に住んでいる方とお話したときは、
「冬の空が真っ青で、日本海側とは違うね」という話になりました。

そういえば、私が信州から静岡に来たときも、冬の季節感が違うな〜という感覚でした。

色合いや湿度や音やいろんな感覚的なものが混ざって、その土地らしい季節感、イメージってつくられていると思います。

子どもの頃過ごした信州の北部、新潟に近い地方では、冬の空はたいていどんよりとした雲に覆われていました。 その 「延々と続くグレー」 が、私には信州の冬の基調色といったところ。
ここ静岡では、いちばん寒いといわれる時期にも、屋外で緑や花を愛でることができ、青い空と白い雪をかぶった富士山をまぶしく眺める日も少なくありません。 「乾いて澄み渡る空の青色」 は、私にとっては、静岡の今頃を象徴する色です。


静岡県内各地では、ちょうど今頃、梅園がオープンしています。(イチゴ狩りもオンシーズンです!)
もう少ししたら、早咲きの桜も楽しめるようになります。
日本の南側の縁の、房総半島や紀伊半島の南部、四国の太平洋側とか、鹿児島とかも、静岡と同じような感じなのかもしれないですね。

北国、雪国のみなさんも、寒さに疲れたら、避寒に、そして一足早い春を楽しみに、南へ出かけられてはいかがでしょうか。



| Sense of Wonder/富士山 | 16:40 | comments(0) | - |
富士山で初日の出はいかが?
写真は2週間前、「勤労感謝の日」の頃の富士山です。

2週間前(11月下旬)の富士山

12月に入ってすぐ、2〜3日前に目撃したときは、雪が五合目ぐらいまでたっぷり積もっていました。
(五合目は、写真の富士山右側にある出っ張り(宝永火口)の下あたり)
雪の積もり方は最近の中では早いし多い印象です。山麓の動物たちも、冬支度にあわてているかもしれません。



さて、前置きが長くなりましたが、
そんな富士山で新年を迎えるのはいかがでしょうか?

青い旗 2008年12月31日
 温泉 リラクゼーションメニュー豊富な「富嶽温泉 花の湯」で一年の疲れを落とす  ・・・富士宮市

青い旗 2009年1月1日
 かどまつ 全国の浅間大社の起源 「富士山本宮浅間大社」で初詣  ・・・富士宮市

 日の出 富士山の中腹、標高1500メートルの自然あふれる「水が塚公園」で初日の出  ・・・裾野市

 お年玉 「御殿場プレミアムアウトレット」の初売りで福を呼び込む  ・・・御殿場市


東海道新幹線の「新富士駅」発着、大人お一人7、200円。
詳細は →富士山観光交流ビューロー http://www.fujisan-kkb.jp/ の「イベント情報」よりどうぞ。


2000年4月に始動した「富士山観光交流ビューロー」企画の バス ツアーです。
いつもと違う年越し、新年をとお考えの方、いかがでしょう!

水ケ塚公園は特におすすめです。(この時期、冬タイヤかチェーン必須!)
シカやウサギなどの野生動物がまわりに息を潜めています。昼間なら、痕跡(足跡やフン、かじられた木など)を探すのも楽しいところ。夜中なので、万が一出会うかも知れませんが、決して脅かさないようにね。
展望台からは駿河湾も臨めます。(積雪状況によっては到達できないかも)

澄んだ空気のなか、美しい初日の出と目前にそびえる富士山に出会えたら、すばらしい一年のスタートをきれますね!

| Sense of Wonder/富士山 | 13:03 | comments(0) | - |
百日紅
和座の事務所のある敷地には、四季を感じる庭があります。

雨上がりの百日紅
濃い桃色の百日紅は、お盆のころにグンと花数を増し、

ぎらぎらした残暑から、気持ちをやわらげてくれています。



この頃の気まぐれな雨風は、

地面がピンクのじゅうたんになるほど花を落とすことがたびたびありました。

それでもまた、頭の上にはクシャクシャッとしたピンクの花が広がります。


今年も、もう少し、百日紅の花に夏の名残を感じていられそうです。


  
| Sense of Wonder/富士山 | 13:01 | comments(0) | - |