LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
2011駿府お茶姫 募集開始しました
2011駿府お茶姫コンテストチラシ

恒例 駿府お茶姫の募集が始まりました。
(応募締め切り平成23年2月21日)

道中行列でお姫様になったり、
静岡本山茶のPRを行ったりする女性3名を選ぶコンテストです。


応募資格
●静岡県内在住の18歳以上の女性 (未婚・既婚不問)

●年6回程度の事業に従事できる方

*平成23年4月2日現在、
 高校生、モデル等の専属契約、
 類似のコンテストに選出されている方は応募できません

応募方法
●市販の履歴書
  氏名(ふりがな)、年齢、生年月日、勤務先または学校名、
  趣味・特技、お茶への思いを記入
●写真
 (サービス版以上、6ヶ月以内に撮影、裏に氏名を記入)
上記二つを事務局へ送付。


審査日
●平成23年2月27日(日) 第一次面接審査
●平成23年3月19日(土) 最終審査(一般公開/静岡市農協本店にて)

主催 駿府本山お茶まつり委員会

応募・問合せ先(事務局)
 〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号
 静岡市農業振興課内 「駿府本山お茶まつり委員会事務局」
 TEL.054-354-2089




JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| 日本茶インストラクター | 10:46 | comments(0) | - |
赤いお茶の花
週末、いつもお世話になっている足久保山彦会の年末ご苦労さん会へ。

そこで、 「お茶の赤い花」 というのを初めて見せていただきました。

足久保のお茶の赤い花

チャ(茶)は椿科の植物だと考えれば、
椿みたいに、色や花びらの枚数もバリエーションあってもよさそうですが、
お茶畑で秋〜冬に見かける花は、一様に白い色をしています。
(花弁の数や、めしべ・おしべの長さなどは、品種によって微妙に違うそうです)

地元の方からも 「初めて!」 「椿じゃないの?」 という声も。
しかしよくみると、葉っぱは「椿」ではなく「お茶」なんですね。

一枝、お土産にいただいてきました。



さて、テーブルでは、
いつものように、手づくりのごちそうが並びました。

最初に、山芋のおやき

足久保のお茶の赤い花

鼻筋の通った顔(サザエさんか、「20世紀少年」の「ともだち」のお面にも見える?)のような模様で焼けているこれは、
すりおろした山芋にちょっとだけ味をつけて、ホットケーキのように焼いたもの。
(「つなぎ」は入っていません)
このままでもよし、具を入れてもよし、おなかに優しい味わいでした。
見た目はシンプルですが、山芋たっぷりで、超贅沢なおやきです。



天ぷらの野菜シリーズ

足久保の野菜の天ぷら

とりわけ、にんじんの葉っぱの天ぷら は一番人気!
生産者ならではの、愉しみですね。


ジャンボ落花生の煮物

足久保のジャンボ落花生の煮物

落花生の煮物は、遠州で初めて食べて以来ずっと好きですが、
これも自分では作れません。
それもジャンボ落花生を煮物にするなんて、とっても贅沢!


つまみ菜のサラダ

フレッシュなつまみ菜サラダ

つい1時間ぐらい前まで畑に生えていた若い葉っぱは、
本当にフレッシュ、フレッシュ、フレッシュ〜
これは予想外に素晴らしかった。
葉っぱだけと思われそうですが、
そのものの味が、味覚にフィットするというか、
本当に美味しくってびっくりしました。
(サラダミックスの種をパラパラ蒔いてあって、
そこから摘んできた・・って説明でした)



このほかにも、干し大根の美白なお漬物
パキパキした歯ごたえも楽しい、生大根のたまり色のお漬物
ミルクゼリー、カステラなど、手作りのデザートに、
「ケンミンショー」で見たという福岡県のちゃんぽんも登場


途中には、お茶の飲み比べでも話に花が咲きます。
さすが、熱心な足久保山彦会のみなさんです。
たっぷりアルコール入っていても、
お茶の微妙なところまで批評できるとは、別の意味でもすごい!


準備から片づけまで、みんなで手分けして約5時間。
食べたり、飲んだり、おしゃべりしたり、リラックスしつつ、
来年の予定も立てて、とても楽しい休日でした。
ありがとうございました。


JUGEMテーマ:自然 
| 日本茶インストラクター | 12:36 | comments(0) | - |
お茶まつりのフォトコン
木曜日。

静岡市の茶業者が中心になって行う
「駿府本山お茶まつり」(すんぷほんやまおちゃまつり)


そのメインイベントの一つ
「駿府お茶壷道中」(すんぷおちゃつぼどうちゅう)を
素材にした写真コンテストを、昨年度から行っていて、
その審査会がありました。

上位の皆さんには、そろそろ、その結果が届く頃でしょうか。
静岡新聞でも発表されますので、お楽しみに。


これらの作品は、以下でご覧いただけます。
●静岡市民ギャラリー 展示
 2011年2月14日(月)〜1週間
  *静岡市民ギャラリー アットエスの紹介記事 こちら

●表彰式&展示
 駿府お茶姫コンテスト本選 会場にて
 2011年3月19日(土) JA静岡市本店

 ・審査委員長の松野崇氏も出席して、講評をいただく予定です
  ( 日本肖像写真家協会会長、 国画会会員、 日本写真芸術学会会員)
  松野氏のホームページ こちら


この「道中」は、
徳川家康が静岡にいたころの歴史を基にしています。
(イベント用に脚色した部分ももちろんあり)

標高1000メートル超、
井川の「お茶蔵」からお茶を出し、
山を下り、
市街地、
家康ゆかりの駿府城と久能山東照宮へ
久能山東照宮は、以前から
建物群が国の重要文化財、久能山全域が国の史跡で、
この10月には、
本殿と拝殿、石の間からなる複合社殿が国宝に指定されたそうです。
修復工事が終わったばかり、総うるし塗りの本殿などは圧巻です。
きらびやかで繊細な装飾は、双眼鏡を持って観察したいぐらい。
 久能山東照宮公式ホームページ こちら



JUGEMテーマ:趣味
| 日本茶インストラクター | 09:48 | comments(0) | - |
お茶のまちの楽しみ方提案
先週末、「お茶のまち」を標榜する静岡市で、
そのひとつのあり方として目指している「お茶ツーリズム」の社会実験を行いました。 

本山茶の畑でやっほ〜

静岡市のまちの魅力、「静岡らしさ」と言われるものには、
結構、お茶にかかわるものがあります。

でも、
そういう魅力って、案外、地元の人には「当然」や「無意識」の領域にあって、
魅力とは気がつかず、よって、あえて外に伝えようともしていないもの。
よそ者の私から見ると、
「知られざる××」「へえ〜のX乗」みたいなキラキラした宝石が、
磨かれない原石のまま仕舞われているようなものです。

続きを読む >>
| 日本茶インストラクター | 19:34 | comments(0) | - |
GOD HAND
先日に引き続き、
静岡本山茶(しずおかほんやまちゃ)の産地の一つ、足久保(あしくぼ)の話題。


今日は、誇り高き、若きお茶農家たちを訪問。

荒茶製造中のお茶を持つ手には、

コンピュータよりも敏感で的確な感覚が宿っています。

極上のお茶をつくりだす手

彼曰く、

お茶は数字じゃつくれない。

製茶機械の設定では、まだレンジが広すぎる。

お茶と対話して、

手先の間隔、かおりで、出来具合をみる。

暗闇でもお茶がつくれるようじゃなきゃ、と思う。




自園、自製で極上のお茶をうみ出し、

本山茶の誇りを伝える 神の手 に見えました。


| 日本茶インストラクター | 20:39 | comments(0) | - |
ぎょくろ・かぶせ・てんちゃ
静岡県の中ほど、藤枝市 岡 部(おかべ)地区 は、
ほどよい山間の、のどかな田園地帯。

そして、ゆたかなお茶の産地です。

というのも、
玉露(ぎょくろ) ・ かぶせ茶碾茶(てんちゃ) という
個性的なつくり方のお茶が揃っているのはとても珍しいことなのです。

その岡部を舞台に、
日本茶インストラクター・アドバイザー(日本茶インストラクター協会会員限定)を対象とした研修会が開かれます。


今日はそのご案内です。

私も昨年参加しました。
お茶畑が一番映えるこの季節、本場を訪れるのはすっごく貴重な体験です。
私のように、茶業者じゃないインストラクター、アドバイザーの方には、
ぜひとも!でおススメです。

「こもれび茶体感フィールド」チラシ(292kb)ダウンロード → コチラ


 ★研修の内容
  岡部の特徴である玉露・かぶせ茶・碾茶について、
  栽培方法、摘採補助、荒茶工場見学・試飲、手もみ茶体験などを行います。
  夜泊まるのは、玉露名人のお宿。
  昼間とは一味違った名人の名調子も見逃せません。 
  

 ★研修期間:2009年5月23日(土)〜24日(日)の一泊二日
          宿泊は「民宿 あづま」TEL:054−668−0837

 ★研修対象者:日本茶インストラクター・日本茶アドバイザー認定資格所有者
         (日本茶インストラクター協会会員限定)

 ★参加費:10,000 円(宿泊費、昼食費、交流会費 等)

 ★主催:静岡県藤枝市岡部町茶振興協議会

 ★申込方法:株式会社 玉露の里へ、申込書(チラシ裏面)に記入してFAX

 ★申込み締切 2009年5月18日(月)


**岡部のお茶 ごくごくさわりをご紹介**岡部つゆ茶セット Before
 ↑ ていねいにつくられたお茶。  ↑
 ↓ お茶でいただくと濃い硬い葉がすっかり青々。 ↓
 ↓ 残った茶葉に、かつお節とポン酢をかけて、いただきます。 ↓
岡部つゆ茶セット After
 ↑ 岡部の玉露を楽しむため、特別につくられた「つゆ茶器」です ↑
   (こちらに紹介があります → 玉露の里)  

| 日本茶インストラクター | 18:05 | comments(0) | - |
旅館のお茶
先日、伊豆の旅館に泊まりました。

そこを訪れるのは初めて。
湯治場もある、こじんまりとした旅館です。

写真は、到着のときのおもてなし。

旅館のおもてなしの一杯 

水色もはっきり、ほどよく甘みがあって、
お茶をいただきながら、ほっとしました。

おいしかったので、つい、急須の中を確認してしまいました。
急須の中のお茶は、リーフの緑茶。
急須にお茶ッ葉、昔は当たり前だったけど、最近では逆に珍しいぐらいです。

ほうじ茶や、ティーバッグや、溶かすお茶ではありません。
また、リーフと言えども、時折、置きっ放しで風味の変わりかけたお茶に遭遇してしまう悲劇もありますが、ここのはそんなことのない、封を開けたばかりのような、新鮮な香りでした。


次の朝に、お湯を入れる前の急須を覗いたら、
締まって黒光りしたお茶っ葉が入っていました。



お待ちかねの食事は、地のものがていねいに料理され、盛り付けられて並びました。
でも、余分な装飾はなく、シンプルで美しい!

お皿の上のものは全部食べられるもの・・・
 昔、俳優の堺 正章さんが料理人を演じていたドラマを思い出しました。

一口食べると、やさしい自然な味わいが広がりました。
これ、おいしい!  あれもおいしい! ・・・と やっぱり完食。
(さすがに、貝やカニの殻、南天の葉は食べませんよ)
お膳を下げに来た旅館の人に驚かれてしまいましたが、おいしかったからですよ。



食事がおいしい旅館は、お茶もおいしくあって欲しいなあ・・・特に静岡では・・・と思っていた、その思いに通じる旅館に出会えて、幸せな週末でした。



| 日本茶インストラクター | 20:10 | comments(0) | - |
お茶姫さま ♪
数年前から係わっている静岡市のお茶の催しで、
毎年すてきな「駿府お茶姫」さんがお手伝いしてくださっています。

あ〜、でも、お手伝いというより、「花」そのもののときもあります。 

時代衣裳、振袖、茶娘姿で、
お茶のイベントを彩ってくださるのですが、
ただ衣裳を着ている、というのではなくて、
文化的な素養や所作もきちんとされていて、品よい感じ。

歴代のお茶姫さんには、
イベントでお会いするたび、いつも和まされてきました。


ちょうど今、
2009年度のお茶姫さんを募集しています。
3月のコンテストで選ばれたら、
まもなくの新茶の季節から、文化や歴史を感じる催しがはじまります。


詳しくはこちら ↓ をみてね
駿府本山お茶まつり委員会 (静岡市農業振興課内)

*静岡県内に住んでいる、18歳以上、などの応募資格、写真などが掲載されています。
| 日本茶インストラクター | 13:23 | comments(0) | - |
美術館でお茶を
ゆったり美術鑑賞
 合間に、お茶とともに寛ぎのひととき



静岡市立 芹沢げ霹術館 (せりざわ けいすけ びじゅつかん) では、
ゴールデンウィークと夏休みの期間・日にち限定で
そんな特別な機会を設けています。


染色芸術あふれる美術館

芹沢けい介美術館の休憩室

展示室を進むと、途中に、

坪庭に面した休憩室があります。


ゆったりソファーで寛ぎ、

芹沢げ陲寮こΔ忙廚い鮹擇擦討呂いがでしょうか。

それだけでもとても気持ちの良い空間ですが、

そのお供に、この期間だけ、お茶も楽しんでいただけます。

今年平成20年の夏は、8月の土日開催。

残り数日となりましたが、どうぞお出かけください。

日本茶インストラクター・アドバイザーが、

静 岡 本 山 茶(しずおか ほんやまちゃ)を心をこめておもてなししています。



芹沢げ霹術館公式ホームページ http://www.seribi.jp/

染色作家・芹沢げ陲虜酩覆肇灰譽ションを所蔵・展示しています。
型染め等の作品はもちろん、芹沢の目にかなった世界各地の工芸品が並びます。坪庭にも、その一部がさりげなく置かれていたりします。

静岡市駿河区登呂5-10-5 
東海道新幹線・静岡駅からバスで約20分/東名高速・静岡IC.から約10分。
*現在、隣接の登呂博物館は工事中。駐車場は平成20年度は無料開放されています。

*けい介の「けい」は金へんに圭と書きます。
 時折うまく表示されないことがあるようです。



| 日本茶インストラクター | 09:00 | comments(0) | - |
今年は「やぶきた」誕生100年
やぶきた は、お茶の品種の名前。

品種とは、
たとえばお米の 「こしひかり」 「ささにしき」 「ひとめぼれ」 などにあたるものです。

手もみ式典
この やぶきた が選抜されて
今年が 100年目 にあたるということで、
静岡市で記念式典が開かれました。


どうして静岡かというと、現在の静岡市にあたる場所で、
研究熱心な「杉山彦三郎さん」が発見し、育成したんです。


手もみ八流派のぼりあわせて、
今年は、県内の茶産地が持ち回りで行っている
献上茶の担当でもあり、
静岡県内の茶手もみ八流派が勢ぞろいして、
文化財でもある名人たちによる手もみが行われました。

献上茶謹製記念式典
そのほか、記念講演や展示などもありました。
後日改めてご紹介したいと思います。



お茶における やぶきた の存在感はとてもすごくて、
(地域によって多少変わりますが)
お茶畑の8割ほどが やぶきた で占められるほどになりました。

それだけ、近現代の茶業発展と やぶきた は深い関係にあったのでしょうね。


この 「やぶきたの母樹」 が、
静岡県立美術館につながる道の横に植えられています。

近くに来られることがありましたらちょっと足を止めてみてください。

産業用に栽培されているお茶畑とは違う、
チャの木の自然な風貌をご覧いただけます。

また、公園内には杉山彦三郎 記念茶畑があり、
杉山翁ゆかりのお茶の品種を間近に見ることもできますよ。
静岡県立美術館の紹介ページ


| 日本茶インストラクター | 18:27 | comments(0) | - |