LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
つながる「まちの駅」のココロ
静岡県内では、140ほどの施設(個人商店や公共施設など)が

ま ち の 駅 」に取り組んでいます。 (全国では1500ほど)

 まちの駅は、その施設に「あるもの」やオーナーの「心」をいかして、
 人々の交流、まちづくりに取り組むしくみです。
 ⇒まちの駅の全国事務局サイト まちの駅どっと混む


その、静岡県内のまちの駅がこのほど

ネットワークを組み、ゆるやかに連携することになりました。

静岡県まちの駅ネットワーク設立総会

続きを読む >>
| まちの駅 | 18:24 | comments(0) | - |
日常の視察 どう映ったかなぁ
ASEAN各国の若手リーダーたちの一行が、今日、富士市を訪れました。

研修参加者、まちの駅駅長と昼食後の記念撮影 鯛屋旅館・吉原本宿にて

個性的なコミュニティづくりの取組事例として、
「富士市まちの駅」を視察するためです。

富士市まちの駅にとっても、
国際的な視察の受入は、ほぼ、はじめてのこと。

事前相談のときから、ワクワク、この日を楽しみにしていました。


続きを読む >>
| まちの駅 | 22:39 | comments(0) | - |
授賞式
 
今日3月5日は、「静岡県コンベンションおもてなし大賞2008」の授賞式。

第11回まちの駅全国大会 まちの駅全国フォーラム in 富士への最優秀賞を授かる日です。

富士市まちの駅、富士市役所、富士山観光交流ビューロー、そして大会当日もお手伝いいただいた富士常葉大学の学生さんが集まりました。
まちの駅は、こういう人の和がすばらしいなあと思います。

おめでとう!コンベンションおもてなし大賞授賞式

授賞式では事例紹介の展示やプレゼンの時間をいただいていたので、私はここ数日、数ヶ月前のことを思い出しながら発表の準備をしていました。

おもてなし大賞授賞式/展示ブース 真剣に資料見ているね

季節柄、落ち着かない日々の中ですが、全国大会のときの楽しい思い出やうれしい気持ちにじわじわと浸れた時間でした。

 おもてなし大賞授賞式展示ブース 知事に説明中

来場された方々に展示資料を熱心に見ていただいたり、副代表が流暢にプレゼンしてくださったり、そしてみんなの笑顔を見れて、裏方のやりがいを改めて感じました。

おもてなし大賞授賞式 副代表の流暢なプレゼン

まちの駅のみなさんの晴れの席に立ち合わせていただいて、本当にありがとうございます。おまけに、今日は私の誕生日。二つとない素敵なプレゼントになりました!!



| まちの駅 | 21:42 | comments(1) | - |
嬉しいこと
顔がひとりでに「にやけて」しまううれしいニュースが、先日飛び込んできました。

ここでも時々書いているまちの駅のことで。

昨年11月、第11回まちの駅全国フォーラムin富士を開催しました。
 ⇒関連記事 準備 http://machi.wa-za.org/?day=20080515
      直前 http://machi.wa-za.org/?day=20081024
      開催報告 http://machi.wa-za.org/?day=20081109 など

その全国大会での「おもてなし」が、
静岡県らしいコンベンションのおもてなしを決めるコンテストで、 王冠 最優秀賞 王冠 をいただくことになりました! 

⇒静岡県の報道提供資料
 静岡県の公式ホームページ http://www.pref.shizuoka.jp/
 下の方にある 記者提供資料 内、 2009年2月2日「静岡県コンベンションおもてなし大賞2008」の入賞者の決定 記事よりご覧ください。

唱歌「富士山」の歌詞を半紙に手書きしたものを配り、みんなで歌いました

ホストとして、準備や当日の運びの中心となったのは、静岡県富士市のまちの駅のみなさん。

得意分野を生かしたいろんなおもてなしが「この際だから」って感じでいろいろ展開されました。
うまくいったことや、思ったほどうまく運ばなかったことなどいろいろありましたが、「やってよかったよね」、「がんばったね〜」と、お互いを讃えつつ、秋も終わり、日常生活に戻っていました。

少し時間をおいて、こんな形での反応を受けると、またそのときの感動がじわじわと沸いてきて、本当にうれしくなります。

紙バンドの小さなストラップ。紙バンドえ〜ど隊 さっちゃんのてづくり。

影になり、日向になり、本当に多くの方にあたたかいご協力をいただきました。
写真の見事な手書きの歌詞カードや、きれいなストラップなども、まちの駅全国大会のおもてなしの小物として使いました。ほかにもご紹介していないものもいろいろあって、それぞれにエピソードがあるんですね。

感謝感激。。。
まだきちんとお礼できていない人もいるので、この際改めて連絡とろうと思います。

| まちの駅 | 20:45 | comments(2) | - |
第11回まちの駅全国フォーラム開催!
第11回まちの駅全国フォーラム in Fuji が開催されました。

まちの駅に取り組む方、まちづくりに関心のある方が、
全国各地から集まる場です。

11月8日の初日は、
富士市文化会館ロゼシアターで講演会や分科会などを開催。

(中身のお話は主催者HP をごらんください)


富士市まちの駅の駅長さんと協力団体のみなさんで、
まちの駅らしさ、富士らしさをテーマに
コンベンションのおもてなしをしてくださいました。


当日の様子を一部ご紹介いたします。


イベントボランティアさんたち
イベントボランティアのみなさん
富士市のイベントボランティアのみなさん。
打ち合わせ中の写真。
平成15年のNew!!わかふじ国体にあわせて
結成されたそうです。
スタッフの手の届かないところも細かくカバー。


市の花 ばら
市の花 ばら でお迎え
受付のバラ。
バラは富士市の花です。
会場向かいの公園にも、
秋バラがきれいに咲いていました。



お茶のサービス
日本茶インストラクターのお茶サービス
日本茶インストラクターのみなさんによる
お茶のサービス。

会議の合間に「ほっ」とできるように。


静岡県茶業会議所、日本茶インストラクター静岡県支部による
コンベンションでのお茶のおもてなし事業を富士市では初めて実現。




夜の部に移って・・・

交流会開会
交流会のスタート
交流会の開会。
照明を落とし、写真の奥の方で迫力の演奏中です。
まちの駅の駅長さんとそのお仲間による演奏、
すごくかっこよかったです。


おはやし
おはやし
こちらも、駅長さんとそのお仲間。
東海一とうたわれる「吉原祇園祭」のおはやしが
乾杯後に演奏されました。
体が動き出すような独特のリズムです。


茶っきり娘
茶っきり娘
茶娘(?)たちによる「茶っきり節」。
近くで見るとびっくり、爆笑必至かも。
こちらも富士市まちの駅の駅長さんたちです。



合唱
「ふじのやま」合唱の演奏
「頭を 雲の 上に出し ・・・」
の「富士の山」を会場のみなさんと合唱しました。
伴奏はMAUハンドベルリンガーズと、
「ギター酒屋」の林駅長。
ハンドベルのみなさんのなかにも
まちの駅の駅長・駅員がおります。


芸達者で楽しい駅長さんたち、
普段とは違う様子の駅長さんたちに
とってもとっても楽しませていただきました。




| まちの駅 | 21:27 | comments(0) | - |
まちの駅全国フォーラム 直前準備1
第11回 まちの駅全国フォーラム in 富士

平成20年11月8日(土)、9日(日)
富士市文化会館 ロゼシアター

→公式HP http://machinoeki.com/


開催日が近づいてきました。

お客様をお迎えする用意もだんだんと進められています。


今週の頭は、主催者の方にもお越しいただいて、
富士市内を東奔西走しながらの関係者打合せ、あいさつ。

半ばには、富士市まちの駅ネットワーク
(フォーラムの共催で、ホスト役の中心を担います) の役員会。

081022役員の後姿 役員の皆さんが見つめる先はノートPC。
 フォーラム当日、ご来場のみなさまに
 ご覧いただくものを検討中。
 真剣な後姿です。

また、オリジナルグッズも出来上がってきました。
10月29日のお披露目後、改めてご紹介いたします。



週末は、交流会のリハーサルがあります。
 駅長さんたちによる マル秘 余興の通し稽古
 富士のまちの駅の、多芸・多彩・個性的な駅長さんたちが、
 工夫を凝らして楽しませてくれるそうです。
 私もすごく楽しみにしています。



駅長さんやそのご家族、親戚、お友達がお手伝いしてくれている、
といったお話も時々伺います。
「私も何かできないかな」「何かしたいな」と、
あたたかい気持ちが湧き上がって、集まっているのが、
とてもすごい、すばらしいことだなと思います。


***************************

富士市まちの駅は、複数の「まちの駅」がネットワークを組みながら進めてきました。
4駅の実験からはじまり、20、40、50と増駅。
規模が大きくなるに従い、実は事務局で把握できないことが増えてきました。

不安に思ったときもありましたが、
それは裏返せば、駅長さんたちが独自に考え、動いて、
自分なりにまちの駅を消化したり活用している証拠なのだと感じるようになってきました。

富士市まちの駅は、駅長さんたちがまちの駅であることを楽しみながら、
じわり・じわりと進化しています。

まもなく開催の全国フォーラムも、
そうした中での一つの目標として取り組んできました。

フォーラムをきっかけに、知り合いが増えたり、新しい気づきがあったり、するでしょう。

いろんなエネルギーを得て、また次へ行きましょう。





| まちの駅 | 11:20 | comments(0) | - |
募集開始までもう少し
まちの駅の全国フォーラム。

今年で11回目になりますが、平成20年11月に 静岡県富士市 で開かれます。


富士市まちの駅が 5年かけて積み重ねてきたもの を、

ご来場のみなさまへの おもてなし ラブ として表現できればと、

断続的に準備しております。


まちづくり案内人・和座 は、開催地事務局としてお手伝いしていまして、

このほど、ようやく チラシ (のデータ)が完成となりました。

まちの駅全国大会チラシ(表)


このデータはお盆の間に印刷され、

8月下旬頃、

全国の まちの駅 の皆さんの手元に届き、

募集受付が始まります。



この大会、 まちの駅 や まちづくり に関心をお持ちの方なら

どなたでも参加いただけます。


まちの駅どっと込む(http://machinoeki.com/) (随時更新)でも

ご案内しておりますので、どうぞご覧ください。




| まちの駅 | 20:48 | comments(0) | - |
蓮  悟りの象徴
今日、知りました。

そびな・蓮の園の蓮
「泥を切り抜けて美しい花を咲かせる蓮は、悟りの象徴でもある」と。
そんな蓮を、大切に育てているお寺さんが、
「富士市まちの駅」の仲間にいらっしゃいます。

富士山のふもとにある日蓮宗 代通寺さん。
まちの駅名は「そびな・蓮の園」です。

(富士市役所内富士市まちの駅の紹介ページはコチラ) 

蓮の園さんでは、鉢で蓮を育てています。

色や形もさまざま、いろんな種類の蓮があるんですね。

夏の日差しにゆらゆらして、
見ていると涼を感じたり(気持ちだけですが)、
幸せな気分になるのが不思議です。

固い花芽もたくさんあったので、まだまだこれからも楽しめそうです。

夏のお出かけの際に立ち寄ってみてください。

蓮は早朝がいちばんらしいので、できれば午前中に。



で、今日「蓮の園」さんにお邪魔したのは、
「第2回 蓮まつり」が開かれたからです。

蓮まつりでは、昨年に続いて、まちの駅の皆さん、
その他関係の皆さんが協力して盛り上げていました。

そして、去年よりも大勢の方に来ていただけたようです。

蓮まつりのまちの駅のみなさん
ここを基点のウォーキング。
まちの駅や関連団体のパフォーマンスや出店。
協賛イベントとして、市内のまちの駅で、
期間限定の特別メニュー、特別プログラムが用意されています。
 ・蓮根の和菓子づくり(まちの駅 富士本町どまん中)
 ・蓮根冷麦、蓮茶など(まちの駅 和みの輪処)
 ・蓮根の香り弁当(要予約、まちの駅 東海道平垣村)  等



蓮をテーマに食べ物飲み物、工芸、写真などのメニューが盛りだくさんで、
人のつながりと工夫で、こんなにも展開ができるんだな〜と感心しました。
駅長さん、助役さんの精力的な取組みは簡単には真似できないかもしれませんが。
小さいことからコツコツと、地域に根ざしたおもてなし、
それをネットワークで盛り上げる「富士市まちの駅ネットワーク」らしい現われだなあと思いました。


| まちの駅 | 14:55 | comments(0) | - |
吉原の熱い夜 楽しい会議
富士市まちの駅では、市内をいくつかの地域に分けて、
ご近所の会議を持っています。

 「まちの駅」についてはこちら↓
 ・富士市まちの駅のご紹介(富士市役所)
 ・全国のまちの駅の取組み(まちの駅連絡会) 


ブログ講習会
昨晩は、「吉原ブロック」会議がありました。
吉原地区の商店街や古くからのコミュニティの中にまちの駅が点在しています。駅密度が高く、連携による企画展などもよく開かれています。


昨年から準備を進めてきた
 「富士市まちの駅ブログ」 http://machinoeki.blog.shinobi.jp/ 
の講習会(写真)、これから予定しているイベントや研修会の情報交換など。


まもなく行われるのは、JAZZ TRAINポスター先日ご紹介した 岳南鉄道 JAZZ TRAIN

これも吉原ブロックのまちの駅の方たちが共同企画しました。
(写真左のポスター)
まちの駅「あーとふれんど」の助役さん(家業を継ぐ前はプロミュージシャン)がトロンボーンでスペシャルなバンドを率いてくれます。

*昨日の段階で、すでにBトレインは満席完売とのこと。 ご希望の方は、Aトレインのお申し込み、お早めに! 



ところで、吉原(よしわら)と聞くと、かつて江戸にあった華やかな一角を思い浮かべる方も多いと思います。私も恥ずかしながら、静岡県民となってしばらくは知りませんでした。
現在、静岡県富士市にある吉原は、旧東海道の宿場町として古くから栄えた、富士山の真南のまちです。

今週末には 東海一の祇園祭と評される「吉原祇園祭」 を控えていて、昨夜も、神社や商店街の2階あたりなど、あちこちで笛や太鼓の音が響いていました。
夕闇の街角で和楽器を聞くと、アップテンポなお囃子でも風流な気分になりますね。
会議でも、髪を整えていつも以上に男前な駅長も。ほんとうは、まちの駅どころではないときでしょうけれど、楽しく会議が進められました。
おつかれさまです! 


 *吉原祇園祭についてはこちらをご覧ください↓
   富士市役所 「富士市のまつり」のページ 
   NPO法人東海道・吉原宿  http://www.yoshiwara.net/gion/


| まちの駅 | 12:08 | comments(0) | - |
ビール × JAZZ × ローカル線
 夏のビール   ローカル線の旅   JAZZライブ

あなたはどれが好きですか?

この3つを一度に楽しめる欲張りな催しが決まりました。


JAZZ Train
  岳南鉄道 開業60周年

  JAZZ Train

  平成20年7月11日(金)


 A列車 17:34 
 B列車 18:55 吉原(よしわら)駅
発*
 *この吉原駅は、JR東海道線の吉原駅と接続。
  各列車、吉原駅-江尾(えのお)駅間を一往復

 出演 河野豊とAトレインJAZZ楽団

 お一人様 2500円 (なんと ビール飲み放題&飲食物持ち込み自由!)  
 お問合せ、お申し込み next 岳南鉄道 鉄道課または吉原駅へ


     ビール ラブ でんしゃ    ビール ラブ でんしゃ    ビール ラブ でんしゃ    ビール ラブ でんしゃ


「赤ガエル」とも呼ばれて親しまれているかわいい車両で、
富士山を眺めながら ガタン ゴトン、住宅や向上の間を縫うように走る、のどかな印象の岳南鉄道。

夏に「ビール列車」、秋に「ワイン列車」など、季節の企画列車を走らせています。

これに、ジャズを組み合わせた企画を考えて立ち上げたのが、富士市のまちの駅の方々です。

岳南鉄道の吉原本町駅も、まちの駅の一つ。
そして、鉄道が好き、音楽が好き、ビールが好き(?)・・といった駅長さんたちのつながりとアイデアで、新しい楽しみがうまれることとなりました。

開催の時間も参加できる人数も限られた、見逃せない企画に、
どうぞお出かけください!!

せっかくならA列車かな?


| まちの駅 | 20:00 | comments(0) | - |