LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
ここがスタート!
あれあれ! 道路に落書きしちゃって良いの?

道路上のスタートライン@松野


静岡市葵区松野、河岸段丘上の茶畑を歩いていくと、
道路上に白線と「スタート」が鮮明に書かれていました。


「これ何?」

地元の方に聞いたら、
近くの小学校のマラソンコースで、ここがまさにスタート地点。


見晴らしの良い茶畑を周遊するコースで、走っていても気持ちよさそう。
(写真の通り良いお天気の日で、歩いても気持ちよかったで〜す)

ここは農道だということで、利用するのも顔見知りの方ばかり。
通りすがりの方からも、まわりの畑からも、あたたかい応援がありそう。

地元地域のために、道も「活用」されていいですね。


JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| お茶ツーリズム | 12:43 | comments(0) | - |
クールな産業遺産 @清水港

清水港のテルファー

テルファー

清水港の日の出埠頭にあるのだけれど、景色に溶け込んで、気がつかない人もいるらしい。

鉄道と船の、貨物の積み替えに使われた、クレーンのようなもの。
大きく、がっしりした骨組。
直線と曲線が組み合わさった個性的な形。
今は使われていない、産業遺産

改めて まじまじ見ると 渋くてかっこい〜 


お茶ツーリズム
の下見で、フェルケール博物館の資料を見ていたら、
この「テルファー」は、かつて神戸港や名古屋港にもあった港湾機械だけれど、今は清水港にしか残っていない とありました。

清水港開港100周年(1999年)の前あたりから、港周辺の観光的開発が目に見えるようになってきたと思うのですが、その当時、既に使われていなかったテルファーを残す判断がされていました。
結果、今は、
貨物駅があった辺りは、清水港の観光施設 エスパルスドリームプラザに、
貨物船が泊まっていたらしきところは、レジャーボートやヨットが留まり、
公園も整備されて、一般の人が「港で楽しめる」エリアに。


1928年竣工のこのテルファー、「水運と陸運間の交通結節点としての港湾の近代化を物語る施設」ということで、2000年に登録有形文化財(建造物)になりました。


・静岡県清水港管理局 (テルファー管理者)
  http://www.portofshimizu.com/

・エスパルス ドリームプラザ (港周辺の案内もあります)
  http://www.dream-plaza.co.jp/

・フェルケール博物館 トップページ
  http://www.suzuyo.co.jp/suzuyo/verkehr/

・お茶ツーリズム 「もっと静岡茶!2011春」 紹介記事
  http://www.wa-za.org/info/20110129



JUGEMテーマ:旅行
 
| お茶ツーリズム | 15:15 | comments(0) | - |
春ツアー解禁
3月から4月開催の、春のお茶ツーリズム2011

このほど、6本をラインナップ!!

お茶ツーリズム2011春のちらし 毎年好評の、農家の枝垂れ桜を満喫したり、
 
 静岡でいよいよブーム到来か!?
 800年前のスーパーヒーロー「聖一国師」をたどり、
 
 添乗員泣かせのティーロードを山登りしたり、

 新しく国宝になった久能山東照宮をおとずれたり。
 
 茶町(静岡茶業のメッカ)周辺の散策&グルメ
 ぶらり散歩コースも新設しました!

 新茶の手摘み手伝い、今年も、真剣にプチプチしましょう。
 
どのコースでも、「静岡茶」が陰日なたに登場するお茶ツーリズムで、
静岡をツウに楽しんでください。

 ↑ チラシをクリックすると、PDFファイルでチラシをご覧いただけます。(709kb)

 *ツアーのお申し込みは
  旅行主催 そふと研究室 旅行センター http://soft-labo.net/ まで、どうぞ。



JUGEMテーマ:旅行

| お茶ツーリズム | 16:30 | comments(0) | - |
静岡県のニュー・ツーリズム
 金曜日。

静岡県観光政策室が開催する
「ニュー・ツーリズム商談会」へ行ってきました。

私は「そふと研究室」のブースで、
お茶ツーリズムのご紹介を、そふと研究室の社長と二人で。

ニューツーリズム商談会風景

「ニュー・ツーリズム」の言葉は、もう新しくはないけれど、
本当に「ニュー・ツーリズム」の概念にフィットする旅行商品は、
まだあまり多くはないように感じています。

静岡県での商談会も、新しい取り組みとのこと。
開催する側も、出展する側も、お客さんの側も、
それぞれ手探りのような印象でした。

実際、一般的な「商談」よりも、
県内各地で観光やまちづくりに取り組む方たちとの交流、
久々の近況報告の方がおおかったかなあ。

今までお付き合いのなかった方たちとの出会いもありました。

左隣のブースは、インフィック株式会社
総合介護支援を行う静岡の会社で、「おでかけサポート」を紹介。


要介護状態になっても、
安心、安全で満足度の高い「おでかけ・旅行」を提供し、
高齢者の皆様の暮らしの幅を広げ、
笑顔あふれる自立支援。
*eかいごナビより http://www.e-kaigonavi.com/


右隣のブースは、株式会社ADVAN
映像制作を通した地域活性化をプレゼンされていました。
若い社長さんは中国(湖南省だったかしら?)のご出身。
現在、清水区のインキュベーション施設に事務所を構えています。
 静岡市清水産業・情報プラザ http://www.siip.jp/


終了後は、
そふと研究室の社長と近くのファミレスで緊急会議。
ツアー企画を練ったり、(秘)プランを立てたり・・などなど。

またいずれ、ご紹介いたします。




JUGEMテーマ:旅行
| お茶ツーリズム | 19:26 | comments(0) | - |