LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
<< 体 修復中 | main | 気がつけば 秋深し >>
大垣の大柿
先日、お茶ツーリズムのご常連
岐阜のお客様からいただいたお土産です。


金蝶園饅頭總本店の「美濃大柿」
「美濃大柿」

柿のあま〜いのが苦手、材料の「シナモン」がプンプンするのも苦手で、
「あまり好みではないかも」と思いながらひとくち。

・・・・・・・勝手な想像でごめんなさい。 m(__)m

上品な甘さ、シナモンはほんとにふんわりと控えめで
とてもおいしくいただきました。


岐阜県は柿の産地ですよね。
先日通った東名沿いにも柿畑がたくさんありますが、
もう実は見えませんでした。

生食や、こういうお菓子に加工されている頃でしょうか。


で、「大柿」をほおばりながらパッケージを見ていて
大垣市の製菓店のお菓子だと気づきました。

金蝶園総本家 http://www.kinchoen-sohonke.co.jp/

「大垣」と「大柿」はオナジ音。
これは偶然ではあるまい・・・。

昔から大きな柿が生る土地で、
「オオガキ」呼ばれ「大柿」と書かれていたのが、
いつしかお城の大きな石垣などを目にした人が「大垣」と書き始めた・・
な〜んて歴史が、素人的には創造されます。

ネットで軽く調べたら、
奈良時代に「大柿」と「大柿」の両方の表記があり、
その後「大柿氏」が統治して「大柿」が一般になった

参考 大柿方言研究所・大柿の概要 ページ
     http://www.k3.dion.ne.jp/~hougen/ogaki.htm
といった説明がありました。


歴史のある地域で、伝統工芸もおいしいものもあるので
またいつかいってみたいな〜〜
| - | 12:30 | comments(0) | - |









http://machi.wa-za.org/trackback/1364912