LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
<< 模様替え | main | 舞台の名残のツリー >>
大谷崩れに立つ
JUGEMテーマ:旅行

静岡と山梨の県境近く「大谷崩れ(おおやくずれ)」へ



初冬の大谷崩れ



今日は、地元の方と一緒に地域資源調査をしました。

安倍川の上流から集落の横を通り、
茶畑の間を抜け、川の左岸・右岸を行き来していると、
大規模な「崩れ」がだんだん近づいてきます。

既に標高は1000メートル超。
両側の林には、うっすらと新雪。

空はちょうど真っ青。
雪雲が早回しで西から東へ抜けていきます。
冷たくて澄んだ空気が、シャキーンと気持ちいい。

林を過ぎ、山から崩れ落ちた石が一面に広がり、
恐らく標高1400メートルぐらいまで、
太陽に背中を押してもらいながらゆっくり登りました。

今回は、本格的な登山道の入口あたりまででしたが、
日本三大崩れの壮大な景色に包まれることができ
初級〜中級向けのコースがつくれそう。


そんな話をしながら山を下りるとと同時に、
一帯は「かざはな」に覆われ、太陽がさえぎられて寒く〜 

「下りは膝にくるね〜」などといいながら、
梅ケ島の日帰り温泉「黄金の湯」に立ち寄って骨休め。

いつ筋肉痛が出るか、同行のメンバーで体力年齢比べ中です。
| Sense of Wonder/富士山 | 21:50 | comments(0) | - |