LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
<< 舞台の名残のツリー | main | 300円の掘り出し物 >>
ハイライトの旅
12月、
昼過ぎの清水港・駿河湾フェリー乗り場は、いいお天気。
  http://www.dream-ferry.co.jp/

前日の大谷崩れも、この日の駿河湾も、
こういう場所は、仕事であっても気分が良くなり、うきうきしてしまいます。

 清水港着岸直前の駿河湾フェリー(2010年12月)

平日にもかかわらず、観光客が何組か船まちをしていました。

土肥からのフェリーがまもなく着岸という頃、一台のバスが乗船場に到着。

山梨ナンバーの観光バスに、
ハングルでツアー名らしきサインが載せられていました。

中国や韓国からの旅行者が増えている話はよくききますが、
ここも、ツアーコースとして実績あげていたんですね。
(乗船場、船内のサインや放送は、既に多言語化が進められてます)

そのバスから降りてきて皆さんは、
主婦グループ、親子、若いご夫婦などの集まりのよう。

最初は思い思いの席でおしゃべりをしていたのですが、
出航するとまもなく、
多くの方が甲板に出て、港や駿河湾の景色を見ていました。
結構でっかい一眼レフカメラで、あちこち狙っている人もちらほら。

恐らく山梨でも見てきたであろう富士山を、駿河湾からも見て、
伊豆の温泉で魚介類食べてくつろいで・・・、
銀座とか、ディズニーランドとか
まだまだ、旅が続くのだろうなあ。。。と勝手に妄想。

ハイライト尽くしの旅も、いいだろうな〜。






JUGEMテーマ:旅行
 
| 現場に行こう! | 00:11 | comments(0) | - |