LATEST ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

あっち こっち まち 観察日記!

まちづくりのワンストップサービスへ
協同組合 まちづくり案内人・和座 事務局長のまち観察日記
<< 冷凍 安倍川 | main | クールな産業遺産 @清水港 >>
テク・シンデレラ にて
1月最後の週末は、静岡県舞台芸術センター SPACの「ドン・ファン」を観劇。
  SPAC http://www.spac.or.jp/

昨年好評だった、ヨーロッパの仮面劇の再演です。
予告を見たときは、その仮面がちょっと不気味かな〜?

しかし実際に客席から見ると引き込まれ、それぞれのキャラクターに愛着も湧いてくるんですよね。
頬から上を覆った仮面とカツラは、俳優さんと一体的っぽいんですが、明らかに生身の人間とは違うバランス。キモかわいい、不思議な表情と体型です。


終演後は、SPAC恒例の「カフェ・シンデレラで逢いましょう!」

衣裳のままの俳優さんたちと、カフェスペース「シンデレラ」で交流できる、アフターの楽しみです。

さらに今回は、技術部が出展する、名づけて「テク・シンデレラ」も行われていました。
衣裳、美術など、舞台の裏方さんたちが、その技術を紹介。
今回の舞台衣装展示、仮面、カツラについての紹介や、プチ体験もありました。

カツラの髪の毛が フワッフワだなあと思ってみていたのですが、カツラと仮面の眉毛には、本物の鳥の毛を染めたものを植えてあるのだと教えてもらい、触らせてももらいました。

さらに、てっぺんがハゲたカツラを被せてもらい、
俳優さんたちと記念撮影!

「ドン・ファン」の後の記念撮影


溜まった疲労を吹っ切る、ここちよいひと時、ありがとうございました。



このドン・ファン、県内の学校向けの公演もたくさん行われています。
「学校行事」ということで、今まで演劇に興味のない子どもたちも来て(連れてこられ)、非日常の経験をしているそうです。そういう子どもたちが、意外なところに反応したりして、監督や俳優さんたちも逆に楽しみにしているんですって。


SPACは地方都市にある舞台芸術センターであり、専用の舞台と専属の技術者や俳優を抱えているからこその取り組みを、すごく意識的に模索していて、それを具現化してきています。(これらのほかにもいろいろと)

そんなこともあって、今年度の静岡県まちづくり現地研修過去記事1過去記事2)では、SPACさんを訪問させていただきました。
芸術総監督の宮城聰さんにお話を伺ったり、スタッフの方も交えてワークショップを行ったりして、地方のアートセンターがまちとどう付き合うか、まちづくりにどんなふうに取り組むか・・などについて考えました。
 俳優さんや技術さんが、同じまちに住んでいることへのワクワク感。
 地方都市に多様性を存在させる、奥行きを形成する一つのアイテム。
 舞台だけでなく、アフタータイムも楽しめてこそ。
 (東静岡地区のありようにも危機感と期待感が・・・) などなど


舞台とSPACの活動の展開に注目し、これからも応援していきたいと思っています。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
| Art & Culture | 19:20 | comments(0) | - |